「この会社に勤めて良かった」と家族や友人に胸を張って語ってもらいたい。この仕事を通じて自分を磨き、社会に貢献しよう。

社長挨拶message

 岩本鉄工所の社長として、地元石川県での製造業の魅力やここで働く社員について、思うことをご紹介しています。モノづくりの国:日本で製造業としていられる、素晴らしい社員に囲まれている岩本鉄工所について、また、そこに加わることをご検討してくださる方へのメッセージを記載しております。

就職活動をされている皆様へ。就職活動をされている皆様へ。

 岩本鉄工所は、「鉄工職人集団」を標榜しています。職人にみなさんはどのようなイメージを持っているのでしょうか?手工芸品や大工、左官、庭師、食品ならば寿司をにぎる人を思い出すのではないのでしょうか。最近では、優れた金属加工技術を持つ人が「職人」と呼ばれることが多いようです。
 バブルが始まる以前より、私たち鉄工所の仕事は、労働者から、若者たちの職業において敬遠されるようになりました。ただ、板金機械も工作機械も進化し、以前の様な重労働や勘に頼った仕事も少なくなりました。レーザー切断機で切断し、NCプレスブレーキで曲げる。精度がでていますから、その溶接も早く綺麗に施すことができるようになっています。岩本鉄工所が「多品種少量」に対応できるのも、そのおかげです。
 そんな中、自動化や完全には無理ですが、無人化が進み、脱職人を目指す会社も出始めました。でも良く考えてみてください。このグローバルな世の中で、機械さえあれば、プログラムを作るコンピュータさえあれば別に日本で作らなくてもいいってことになりませんか?
 戦後、日本はものをつくり、それを輸出することで発展してきました。人件費が高騰し、どんどん生産拠点が海外に移って行きました。やっぱり日本人としては残念に思います。私は小松市の基幹企業である鉄工で建設機械の板金部品を40年にわたって作りつづけ、蓄えた技術に若い皆さんの感性を融合し新たな挑戦をしたいと考えています。稲盛和夫さん(現京セラ名誉会長)の言葉の中に「手の切れるような製品作りをする」という言葉があります。「多品種少量」を極め、「最新鋭の機会を使いこなす現代の職人」が私の理想であり、目標です。心を磨き、腕を磨き、皆さんがよろこんでくれる製品を作り続けるには、職人の力、職人の仲間が必要なのです。

お客様に喜んでもらうということを知り、よりアットホームな環境に。お客様に喜んでもらうということを知り、よりアットホームな環境に。

 岩本鉄工所はもともと私の親父が溶接機1台で始めたものです。子どもの頃の私は、掘立小屋の様な仕事場を走り回って遊んでいたものです。家族だけで仕事をしていた時期もありました。株式会社になり、社員が増えた今もアットホームな雰囲気は全く変わっていません。変わったところというと、仕事の中身です。複雑な加工が得意という強みを活かし、建設機械や工作機械の部品を中心に、さまざまな分野の製品を手掛ける会社に成長しました。
 私自身の話でいうと、高校卒業後、家業に加わりましたが、当時はお客様に迷惑をかけて叱られたり、会社の仲間に迷惑をかけたことも、一度や二度ではなかったです。でも振り返ってみると、お客様に喜んでもらうこと、社員に感謝することを学んでいったんだなと思います。

働く社員に幸せになってもらうのが何よりも大切。働く社員に幸せになってもらうのが何よりも大切。

 私が岩本鉄工所の社長という立場になり、現場の仕事を人に任すことができるようになると、「この会社は何のためにあるんだろう」ということを本気で考える様になりました。それ以来、人に聞き、本を読んで勉強して気づいたことは、お客様に喜んでもらうことも大切だけど、うちで働く社員に幸せになってもらうことはもっと大切だということです。
 うちの社員の耳にはタコができていると思いますが、私はよく「この仕事を通じて自分を磨き、社会に貢献しよう」と言っています。それが私の人生の目的です。岩本鉄工所に入社をご検討いただいている皆様にも、「この会社に勤めて良かった」と家族や友人に胸を張って語ってもらいたいので、同感してくれる方がいれば幸いですし、そんな方をいつでもお待ちしております。

あなたと相性の良いものがいくつかはかならずある会社。あなたと相性の良いものがいくつかはかならずある会社。

 みなさんは、職場を選ぶ際、どんな会社で働きたいと思いますか?私の考えでは、「大きければ良い」という時代は過去のものとなりましたし、「新しい設備を導入しているから良い」というのも、中国にはそんな会社が山ほどあるので、必ず良いとも思いません。何よりも大事なのは、あなたと会社との「相性」だと思います。「合わない」会社で働き続けるほど、苦しい事はありませんから。
 できるなら、自分と相性の良い会社で働きたい。給料はそこそこ良くて、気の合う仲間がいて、末永く将来にわたって働いていける。会社の成長とともに、自分も成長していける。そんな会社があればと誰もが思っているはずです。ただ、私はそのうちのいくつかは岩本鉄工所にあると自負しています。私たちがどんなことをして、どんな未来にしていくかを皆様に判断してもらうために、ありのままメッセージを書きました。「この会社自分と合いそう」と思っていただけるとウレシイです。

「鉄工」という言葉だけで数えきれないフィールドが広がっている。「鉄工」という言葉だけで数えきれないフィールドが広がっている。

 「鉄工」と聞くと、皆様はどのような印象をお持ちでしょうか?「鉄」は工業製品の中で最も多く使われている材料です。これを「切る」「曲げる」「溶接する」などの手法で様々な製品に加工していくのが鉄工所の仕事です。ひとくちに「鉄工所」といっても「ビルの鉄骨」などを作っている会社から「ボルトやネジ」など小さなものをつくっている会社まで、実に様々な会社があります。従業員数で見ても「従業員数千人」の会社から「家族数人」でやっている会社まで、実に様々な会社があります。「同じものを大量につくる」会社もあれば、「一品一品受注生産」している会社もあります。「鉄工所」という言葉1つをとっても、たくさん仕事のフィールドがあるんです。